> クロッキー20日間練習帳を読んで練習してみる。 – ろかたんブログ

クロッキー20日間練習帳を読んで練習してみる。

イラスト

クロッキー20日間 速習帳を読んでみる。


5分間で人物をとらえる! クロッキー20日間速習帳 (廣済堂マンガ工房)

今回は、イラスト上達のためにこの本を買ってみました。
そして、この本は20日間で上達できるような仕組みになっているので、20日頑張ってみたいと思います!
私が20日間でどのくらい上手になるのかの証明になれればと感じます!

クロッキーとは?

私は、漫画を書きたいと思っているので1枚1枚で時間を短縮して描ける技術が欲しいと思いました。
また、人物を描くのは苦手なので、練習したいと思い、購入しました。

そんな私に、ぴったりなモノがあったのです。
それが、「クロッキー」です。

クロッキーとは、5分〜1分程度の短い時間で、対象を瞬時に捉えて速描する練習です。

 

一日目 立ちポーズ

それでは、早速ですが一日目の練習をしました。
時間は5分で、本にある写真をみて描きました。

実際に描いてみたのが下の2枚です。

自己評価採点表

 この「クロッキー20日間速習帳」には、5分で描いた後に付属している自己採点表を使って自己採点します。

今回は、1回目なので成長を感じられませんが、評価項目が詳細に定められているため自己採点しているだけで、反省が簡単にできるようになっています。

私としては、まず細かいところを改善するとかではなく5分という短い時間でいかに描いていくかを気をつけたいと思います。まだ、時間がなさすぎて「表情を正しく描けているか」などというレベルには達していません。
どんどん、練習していきたいと思います。

クロッキー二日目

今回で、クロッキー20日間練習帳の二日目になります。
では早速いきましょう。

今回の絵はこちら。

自己評価と反省点

まず、前回と比べて格段に描くスピードは上がったと思います。なので、これからどんどんディティールに時間を割けるかと思います。
どんどんスピードアップしたいと思いました。

ただ、全体のバランスがまだ上手く取れていませんでしたの次は意識したいと思います。
次回の目標は、スピードアップとバランス!!

 

3日目

さあ、早速いきましょう。

今回は2枚書いてみました。
5分×2 です。

書いていて思ったのですが、1回目2回目より格段に慣れてきてる!!
書くのが早くなっています!それも完成形のレベルも上がっているように感じます。

それでは、反省点をみてみましょう。

  1. 体を初めに書くときの丸を消した方が良い。
  2. 顔が苦手すぎる。

ですね。
次回では、丸は消し、顔のディティールも頑張りたいと思います。
もちろん、スピードももっとアップしたいと思います。

4日目

クロッキー4日目になりました。

今回の絵は、こちら。

 

このとき、ちょうど友人と電話をしながら書いていたため、
少しクオリティが落ちたなという感想を持ちました。

この絵の反省としては、完全に絵を見る頻度が少ないということ。
すなわち、絵と写真のバランスが崩れてしまいました。

 

とりあえず、5日目はちゃんと集中して描ける時にやるようにします。笑

5日目

5日目書きました。
今回は、圧倒的に時間不足。そして上半身と下半身のバランスもおかしいですね。
次回は、まず全体を一瞬で書いて、全体のバランスを確認する。

6日目

前回、意識すると決めた「全体のバランス」を整えながら書くことができた。
ただ、やはり時間がもう少しあれば修正作業や、ディテールをかけると思った。
すなわち、もっと急いでかければいいと思う。次回はもう少し、時間の意識を持つようにする。

7日目

今回は顔以外のバランスが今までで一番良いのではないでしょうか。
顔のバランスこそ、真価が問われる部位だと思います。
また、お手本をみて感じたのですが、服を塗りつぶすのはしなくても良いかと思いました。

8日目

全体のバランスを初めにみて、体の部位を書いて行く順序でできるようになった。
また、書きつつ消しゴムで決して修正という技もできるようになった。
足のスカートで隠れている部分も体の骨格を考えることを忘れてしまったので、次はバランス大まかに見て、パーツ骨格を書くようにしたい。

9日目

全体のバランスは良い感じになったのではないでしょうか。
あとはディティールがあまり書き込めなかったとおもいます。そして、本の見本を見てみると、私はデジタルで書いてあるせいなのか、ペンの強弱をつけにくいため、消しゴムを多用して綺麗に仕上げる必要があると感じました。
明日は、もっとスピードをあげて、ディティールに時間を割けるようにします。

10日目

全体的なバランスとしては、いいのかな。
あとは、やっぱり時間の余裕がないから、ディテールや消しゴムで綺麗にする作業が出来ていない。
これからも時間を意識して、急いで書きたいです。

11日目

全体的なバランスが、のちにずれていることに気づきましたが、修正している時間がなかったです。
下半身をもっと大きくしないといけなかったですね。

 

12日目

初めに全体のバランスを取る事が上手くなったように感じました。
初めの1分ほどで大体のバランスを書いて、その後にディティールを追加していき、消しゴムなどで修正をしていく。

13日目

クロッキー練習の13日〜は今までとは違うことをします。
1枚のクロッキーで連続動作を合成して描くトレーニングをします。
この狙いは、動作の中に「どこが動いて、どこが動かないのか」を見極める練習です。

なんか一気に難易度が上がった気がしますが、頑張ります!笑

14日目

14日目は、頷く女の子の絵です。
動作を考える上で、顔のサイズが変わってしまったことが問題でしたね。

 

15日目

 

15日目は、指をさす女の子です。
このように動きあるクロッキーをすることは、非常に重要であると感じました。
特に、人が動作するときに、ここが動き、ここが動かないということを頭の中で考えるのは非常に難しいのですが、この練習をすることで人の動作を理解しやすくなるのではないでしょうか。

16日目

今回は、背伸びする女の子でした。
やはり、動く部分と動かない部分を考えるのは難しい。
けれど、難しいことに挑戦するから得るものがあるのではないでしょうか。

17日目

今回はお辞儀する女の子。
お辞儀の動く部分を上体だけにしてしまいました。
お辞儀をすると、お尻も後ろに下がるはずです。
こういった細かいところもかけるようになりたいものです。

18日目

しゃがむ女の子の絵です。
サイズ感的には、動いた後と前でいい感じになっているかなと感じます。

 

 

いかがでしょうか。

こちらの本では、しっかりと見本とそのお手本、詳しい解説が載っており、
初心者の私でも独学で簡単に学ぶことができました。

クロッキーによる、簡単な構図把握力が身についたと感じます。
この構図を一瞬で把握できるようになれば、何が変わるでしょうか?

1日の作業時間としても短く気軽に出来るので、ぜひ、皆さんもやってみてください。


5分間で人物をとらえる! クロッキー20日間速習帳 (廣済堂マンガ工房)

 


また、LINE@をやっておりますので、個人的な相談がありましたら徹底的に乗ります。
友だち追加

 

私自身こんなことにもチャレンジしています。これから就職を考えている人、今の会社で働いている現状を変えたい、将来時間をもっと自由に使いたい。私の挑戦に興味のある方はぜひ下記記事も読んで頂けると嬉しいです。

⇨なんでも好きなことができる自由な時間を作りたい!「セミリタイア」って? 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA