> 第23章 「Twitterのブランディングってどうする? twitter経由で人と会ってみた。」 – ろかたんブログ

第23章 「Twitterのブランディングってどうする? twitter経由で人と会ってみた。」

セミリタイアプラン記録

あらすじ

年間500万円の不労所得を稼ごうと頑張る、ろかたん。
このブログやtwitterを用いて、お金を稼ぐことに興味をもったが、
やり方がわからない!

ということで、人に会って学ぼうとなったのであった!

今までのストーリーはこちら
ろかたんセミリタイアストーリーまとめ

「Twitterのブランディング twitter経由で人と会ってみた。」

どんな流れ?

ろかたんは、ある日Twitterを眺めていた。

そうすると、以下のツイートをみました。


前々から、自分一人でこのブログの戦略を考えるより、他の人にアドバイスをもらった方がいいことを考えていたたため、
ぜひこの方に教えてもらおうと参加を表明しました。

参加費は、2980円。

時間にして、90分間。場所は渋谷の落ち着いたカフェでお会いしました。

ブランディングこそ全て。

彼の説明するものをまとめると、「中身ではなくどう見られるか」が全てでした。

それは、私にもわかっていたものの、意識が足りなかったと感じました。
中身が薄いのに、ベストセラーになっている本。
それを考えると、売れるためには、中身より見せ方が重要だということを思い出しました。

売り上げを考えたり、より多くの人に見てもらうためには、
中身よりもどう見せるかが重要なのです。

皆さんは、どうやって他人に魅力的になるように見せますか?

 

フォロー数とフォロワー

まず、1つ目の「どう見られるか」を変えるポイントとして、「むやみにフォローしない」ということでした。

確かに、フォローが少なく、フォロワーが多い人はすごい人なのかな?
と思われるかもしれません。

私の現在のTwitterのフォローとフォロワーはほとんど同じです。
これだと、すごい人として見られにくいのですかね。

また、フォロワーが2000人ほどいるのに、フォローしている人はたった10人とかだと、
フォローする権利が月に1万円などで販売できるようです。

また、タイムラインや固定ツイートに載せる権利も同じように売れるようになり、それがマネタイズに繋がるとのことです。

どこを目指す?

人にどう印象付けることができるのかを、考えると、

この人しかいない!というキャラ位置を考えなくてはいけないようです。
確かに、これならこの人!となるのは強いですよね。

私は、現在大学生からセミリタイアという名前をつけていますが、これは弱いし、セミリタイアって何?みたいになってしまいますよね。

皆さんはどんな立ち位置を目指しますか?

日常ツイートいる?

フォロワーの人は、その人がよっぽど有名にならない限り、日常のツイートには興味がありません。

例えば、美味しいご飯食べてるなう。とか、どこどこ行くなう。など。

なので、できるだけ日常系のツイートは我慢して、フォロワーの人が見たいと思うようなツイートをすることが重要であると言います。

座談会はどうか?

そして、マネタイズのもう一つの方法として、
今回のように、フォロワーの方を呼んで、座談会を行うことを提案されました。

確かに、私は今回の件から、色々な人に会いたいと思うようになりましたし、人に自分の経験をシェアしたい気持ちもあります。
いずれ、もっと人気になった時にそのような会を開いて見たいと思います。

また、ネットサロンもオススメされました。
マネタイズの一つとして、考えたいと思います。

 

 

 

まとめ上記で書いたtwitterでのマネタイズに興味があるなら、ぜひお会いして見るのも良いのかと思います。

 

第24章 「あなたのファンを作るためにできること。twitter経由で話を聞いてみた。」

 

前回記事はこちら↓

第22章 「国債破綻しない理由」

ご案内

セミリタイア全般にオススメの書籍まとめ

不動産投資にオススメの書籍まとめ

オススメ記事

ろかたんセミリタイアストーリーまとめ 

1から学べる不動産投資ストーリーまとめ 

1日5分ください。脳の筋トレをして、スーパーマンになる方法。

 

また、LINE@をやっておりますので、個人的な相談がありましたら徹底的に乗ります。
友だち追加

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA