> 第3章「投資信託はセミリタイアに向いているのか」0から年500万円の不労所得を稼ぎ出す「ろかたんセミリタイアストーリー」 – ろかたんブログ

第3章「投資信託はセミリタイアに向いているのか」0から年500万円の不労所得を稼ぎ出す「ろかたんセミリタイアストーリー」

セミリタイアプラン記録

スポンサーリンク




 

あらすじ

ろかたん(大学四年生)は、無事に就職活動を終え、自由な時間を過ごしていた。
その結果、ろかたんは人生において「自由な時間」が大切であると知る。
そして、頑張って入りたい企業の内定を手にしたものの、その企業を早めにリタイアする(セミリタイア)することを決める。
しかし、セミリタイアのためには「お金」が必要なことを悟るのであった。
さあ、ろかたんはどうやってお金を得るのか。

今回は、投資信託について。
投資信託は、どんなものでセミリタイアに向いているのかどうかを解説します。

第1章「セミリタイアの鼓動」

第2章「私の夢に必要なモノ」


第3章 投資信託を考える。

目標は1億円を年利5%で運用すること

セミリタイアのためには、十分なお金が必要です。
これから、もっと具体的に考えていかなくてはいけない、ろかたん。

まず、いくらのお金があればセミリタイアできるんだろう。
会社をやめて、収入0でも一生暮らせるようになることを考えると、
第一目標は「資産1億円」かなあ。

なぜ?1億円なのか?
しっかりと根拠を持って、説明しますよ?

 

この時、私は「セミリタイア サラリーマン」とかで色んなブログをみて勉強させていただいていました。
その結果、将来的には安定した収入を得る投資が必要だと学びました。

そしてこの安定した収入を得るのに適したのが、投資信託でした。

投資信託とは、簡単にいうと多くの投資家がみんなでお金をちょっとずつ運用してくれる人に渡し、
そして、その運用してくれる人が、株とか債権とかに投資して、儲けを出してくれる。そしてその儲けを私たち投資家に配分するよ!

という仕組みなんですね。
で、投資信託(以下 投信)にも種類があって、この投信は海外の不動産に投資しますよ とか
この投信は、国内の株に投資します とか投資先が決まっているんです。

なので、自分でこの投資先ならいいかなあと思う投信に投資するって感じなんですね。


投信っていいの?

ここで、投信のいいところを紹介します。
それは、少額で投資できること。すなわち積み立てができるということ。
少額で投資できたら、何がいいの?ってことですがこれは分散投資に向いている(リスク軽減)のためなんですね。

投信は、仮想通貨とかテンバーガー(10倍の株価になるやつ)とかいった大きな利益のためではなく、
ちょっとした利益を積み重ねる「複利の原理」を戦略においたものなんですね。

複利の原理って知ってますか?すごいですよ。
簡単に言うと、単利ではなく複利で資産を運用することで初めはゆっくりとしたスピードと思われるかもしれませんが、後々にはどんどんと増えちゃうっと言うことです。

あと、ドルコスト平均法って知ってますか?これもすごいですよ笑

 

これらから、投資信託を毎月一定額、買い足すみたいな積立は有効だと思います。

 

さらに、投資信託は先ほど色んな投資先の種類があると言いました。
株、債権、貴金属、不動産とかね。でこれらを国内とか先進国、発展途上国とかに別けることもできる。
本当に色んな種類があるんです。
そして、投資する際は国内株の投信に全部投入する!とかではなく、20%は国内債権で30%は海外不動産にしよう
とか自分で投資先の割合を決めるんです。これをポートフォリオっていうんですけど
この投資先と割合によって、自分のリスクと儲けを調整できちゃうんですね。めちゃめちゃ奥深くて面白いと思います。

 

具体的に私にとってどんなところがいいのかを紹介すると、
10年くらい積み立てを続けることで、時間的なリスクの分散にもなります。例えば、個別株だと安くても10万とかの投資になるのですが、投資信託の積み立てだと、毎月1万円とか5千円を投資すると決めさえすれば、その時の場況関係なしにその金額分投資することができるのです。これは、投資先の価格が高くなると少し買うことになり、価格が落ちるとたくさん買えるようになります。これのすごいところが、価格が落ちれば落ちるほど、後の儲けになると言うことです。

株だと、毎日の株価の動きに敏感になり、疲れます。しかし投資信託による積み立てなら、価格を見なくてもいいという効果もあります。セミリタイアし、自由な時間を楽しみたい私にとっては、値動きを見なくてもいいことは大きなメリットです。


ろかたんの判断

で、ここまで聞いたら

ろかたんは投資信託に投資するんだろうな〜とみなさん思うことかもしれませんが、私は投信に投資しません!!!!
厳密にいうと、5年10年は投資しないだろうな!ということです。

え、なぜ???と

それは、お金が固定化されてしまうから。
時間の分散投資により、また複利の原理を生かすためにお金はずっと投資している状態にしなければいけない。

これは、私が他に興味のある投資を見つけた時に、何もできなくなってしまうことを意味します。

じゃあ、全部じゃなくて資産の半分を投資とかにすればいいんちゃう?

それだと、あまり稼げないんです。
というか、全て投資してもあんま増えない。

私は、投資信託はやっぱりたくさんお金を持っている人、もしくは
安定してちょっとでも増えればいいや と思っている人向けの金融商品なのかと思います。

さらに、お金が必要になった時に現金化すればいいんじゃない?という意見もあるかと思います。
それもありかと思いますが、それだと現金化するタイミングが元々計画していた長期投資とは違うタイミングで、おろすことになります。これは、何を意味するのかというと、まず投信を買う時の計画が長期投資を考えないことになってしまいます。すなわち、積み立てによる分散の効果を得られない可能性があるということです。

 

私が1億円儲けるためには向かない!!

よって、次の策を考えねば、、、


みんなへ

投資信託は、「ずーっと積み立て続けて、ちょっとした利益を得るもの。」
皆さんは、投資しますか?しませんか?


次章予告

投資信託は、資産が固定化されてしまうため向いていないと気づく、ろかたん。
次はどんな投資を考えるのか!?
次回は、投資と言ったらこれ!!株式投資を考える!
株はセミリタイアに向いてるのか!

第4章「株式投資はセミリタイアに向いているのか」

 

前回記事はこちら↓

第2章 「私の夢に必要なモノ」 0から年500万円の不労所得を稼ぎ出す「ろかたんセミリタイアストーリー」

 

また、LINE@をやっておりますので、個人的な相談がありましたら徹底的に乗ります。
友だち追加

スポンサーリンク



 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA