> 第47章 「社会人って忙しい!怒涛の1週間」 – ろかたんブログ

第47章 「社会人って忙しい!怒涛の1週間」

セミリタイアプラン記録

あらすじ

今までのストーリーはこちら
ろかたんセミリタイアストーリーまとめ

 

久しぶりの更新になってしまった。

なんで、久しぶりになってしまったのか?

 

それは

「めちゃくちゃに忙しかったからである。」

 

なにが忙しいのかというと、会社での仕事だ。

この1週間、ブログを書くこともセミリタイアについて考えることも、

なかなか出来ないくらいに働き通した。

 

この1週間どんなことがあって、どんなことを考えたのかをザラーと書いていこう。

 

まず、仕事で何をしたのか。を書きたい。

会社に入って、2ヶ月半くらいが経過した。

他の会社のどんな新入社員より経験してるんじゃないか?ってくらい色々してる。

 

私は、営業マン。

もう、自分でいろんな会社の社長に電話して、商品のメリットを伝え、アポイントを組み、

実際に会社を訪問して、営業活動を行なっている。

 

来週も8件ほど2日間で、アポイントを組んでいる。

会社に入って、ちょっとした研修をやって

営業所に配属されて、ちょっとで独り立ち。

 

早くないか???

会社に勤めている方がいましたら、いま新人はどんなことやってるのか教えてください。

その新人より、いい経験してる!って思いたいので。

 

そして、先輩社員に言われ、確かに!と思った

言葉を紹介します。

 

 

「ろかたん、来週の予定どうなってる?」

「いろんな先輩たちの営業に同行して学んでいきたいと思います!

まずは、営業の型を知りたいので!」

「う〜ん。それより、まず実際に行ってみな?」

「まじですか!?まだ、どう売るのかのイメージもないんですけど!」

「いやいや。なくて当然だよ。

インプットの効率上げるためには、アウトプットが重要なんだよ。

アウトプットが8、インプットが2っていう割合でやってみな?」

「確かに、、、」

「わかるよ。先輩についていくのは楽だもんな。

けど、実際にまず行ってみたほうがためになるし、成長曲線全然違うよ。

怖いかもしれないけど、まず一人で行ってみな。」

 

私は、無意識に一人で行くのは怖いから、まずは先輩から学ぼう って逃げてたんだ。

絶対に一人で行ってからの方が効率的に学べるのに。

 

そこに気づかせてくれる先輩には感謝しかない。

よしやってやろう。

 

で、実際に行ってみて、商品を売ることの難しさは身を以て経験した。

そして、営業に関しては今死ぬほど考えてるので、また記事にしてアウトプットしたいと思う。

 

 

で、

営業には車を運転して行ってるのだが、車で過ごす時間はかなりある。

そして、音楽を聴くだけなら、なにも成長がないと思う。

 

なので、あることをしようとしてる。

それは

「オーディオブック」

 

何かっていうと、本を音読してくれる音声を売ってるサービスである。

これをネットで買って、スマホに入れておけば、運転中にも読書することができちゃうのだ!

 

これも実際に買って、すぐに試そうと思ってるので、また感想書いていきます。

 

 

次は、不動産投資セミナーについて。

初めて、不動産投資セミナーに行ってきました。

どんなものかというと、その業者で不動産投資始めてみませんか?ってやつ。

 

私が行こうと思った、その目的としては

・不動産投資の具体的な計画が知りたかった。

銀行融資がどれくらい出るのかとか

・不動産投資の営業マンはどんな話をしてくるのか。

 

を知るために行ったのである。

まあ、まず思ったのは全然具体的な話ができなかった。

時間がなかったのもあったが、セミナーでは抽象的な話ばかりで、個別相談でも根拠のないような話を色々された。

 

 

よって私の次のアクションとしては、

実際にこの物件が欲しいというのを決めて、それを買うためにはどうしたらいいのか、融資が出て買えるのかなどを

不動産屋に直接聞きにいくことである。

 

また、LINE@をやっておりますので、個人的な相談がありましたら徹底的に乗ります。
友だち追加

 

第48章 「これからの話をしよう。短期的な目標。」

 

前回記事はこちら↓

第46章 「不動産投資作戦」

 

ご案内

セミリタイア全般にオススメの書籍まとめ

不動産投資にオススメの書籍まとめ

オススメ記事

ろかたんセミリタイアストーリーまとめ 

1から学べる不動産投資ストーリーまとめ 

1日5分ください。脳の筋トレをして、スーパーマンになる方法。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA