> 第5章「不動産投資はセミリタイアに向いているのか」0から年500万円の不労所得を稼ぎ出す「ろかたんセミリタイアストーリー」 – ろかたんブログ

第5章「不動産投資はセミリタイアに向いているのか」0から年500万円の不労所得を稼ぎ出す「ろかたんセミリタイアストーリー」

セミリタイアプラン記録

スポンサーリンク




 

あらすじ

ろかたんは、ついに「セミリタイア」に向けて、生きていくことを決めた。
しかし、問題があったのだ。その問題とは「お金」が必要だということ。
「お金」を稼ぐために何をすればいいんだ?
ろかたんは、投資信託と株式投資について考えたが、しないことに決定した。
そして、今回ろかたんが考える「稼ぎ方」とは、、、

第1章「セミリタイアの鼓動」

第2章「私の夢に必要なモノ」

第3章「投資信託はセミリタイアに向いているのか」

第4章「株式投資はセミリタイアに向いているのか」


5章 不動産投資がセミリタイアのための鍵となる?

ろかたんに歩み寄る不動産投資

ろかたんは、疲れていた。

セミリタイアしたいって言ってるけど、私なんかが目指せるのかな??
お金稼ぐのって、めっちゃ難しいんじゃない?
やっぱ、会社で働いて給料もらうのが一番楽なんじゃない?

株投資も投資信託も、簡単じゃない。

何があるんだ、、

そんな時にふと何者かが、ふと私に囁いてきました。

「不動産投資はいかが?」

 

不動産投資??不動産なんか私が買えるわけないじゃん。
てか儲かるの!?

私の頭の中には、「何者」が住んでいます。そして、時々私にお告げをくれるんです。
皆さんにもこんなことありませんか?
ふと、自分ではない誰かが頭の中で囁いてくること。
そして、この「何者による囁き」に従うことは、間違いではなく成功することが多いことを経験上知っていました。

 

なので、不動産投資について調べてみることにした、ろかたん。
色々、本を読んだりブログを見てみたりした結果、セミリタイアに向いているんじゃないか?という結論に達したのであった。


不動産投資って?

まず、不動産投資を簡単に紹介します。
投資家である私は、マンションやら一軒家を購入します。マンションだと1億円とかでしょうか。
そして、これを現金で一括では、払えないのでどうするかというと、銀行から借りるのです。
そして、この購入したマンションに住む住人から毎月賃料をもらうわけです。
ただ、毎月銀行に対してもお金を返さなきゃいけないわけです。
賃料で100万。銀行に返すのが50万。だとすると、その差額50万円が収入として入ってくるわけです。

整理しましょう。
自分は、銀行から借りるだけで何もしなくても収入を得ることができるんです!神!!

株は、めっちゃ考えなきゃいけないし、損するかもしれない。けれども不動産は寝ててもお金が入る!やばい!

 

ただ悪いところ(リスク)はしっかりとあります。

  • 高い!!(みんながみんな物件を買えるわけではない!)
  • ちゃんと考えないと損する!(ちゃんと戦略立てないと買ってから後悔しちゃう。)

ただ、この悪いところを考えても、私のセミリタイア計画にマッチしたのがこの不動産投資と言えます。


 

不動産投資の良いとこ5選

それでは、何故不動産投資を私がするのか。

その他の投資などより優れている点を紹介します。

 

時間的自由

私は、お金が稼げれば良い訳ではないんです。

忙しい!けど稼げる!なんて意味がないんです。

例えば、お金を稼ぐ手段として起業を挙げることができますね。

しかし、起業で成功するためにはやらなければならないことが多いため

時間の余裕はないと思います。

最終的に稼げる!そして時間の余裕がある!

と言うのが私の理想像なんです。

 

そして、この理想を満たしてくれるのが不動産投資です。

不動産投資では、1つの収益物件を購入したとして
その物件の管理を専門の業者にお願いしてしまえば、

あとは寝てるだけで収入が入ってくる状態になります。

すなわち、購入のときや売却の時に働けばいいだけで、
その時以外は、時間の縛りがないんです。好きなことができるんです!

 

私が不動産投資をしている人に聞いた話によると、
「月に不動産投資のために使う時間は平均して30分くらいかな」とおっしゃっていました。

 

FXとか株取引だと、外部の要因に左右されますので、常にマーケットを監視していなければならないですよね。

デイトレなんかだと、相場の時間中はパソコンの前にいなければなりませんし、ニュースがあるたびに、戦略を考えなければなりませんね。

不動産投資では、一度購入してしまえばあとはほったらかしでオーケーなんです。

時間的な余裕があるので、私のように暇な時間を楽しみたい人はもちろんのこと、

会社に行っている方や、何か忙しい人でもできるのでオススメです。

ローリスク

次に不動産投資はローリスクなことが、他の投資よりも良い点としてあげることができます。

不動産は、人が住むもので需要や価値がなくなることはありません。

株やFXよりもリスクが小さいのです。

値動きの大きさを見ても安定性が見て取れますね。

銀行から借りられる

不動産投資の最大の利点であるのが、銀行からの融資です。

銀行から貸してもらうお金。

そのお金に対して返さなきゃいけない利率を金利と言いますが、現在、日銀の金融緩和政策によって金利が1パーセントほどで借りることができます。

すなわち、不動産投資で利益をあげることができれば、金利がとても低いので利益から銀行への金利分を抜いても、儲けが出やすいのです。

 

さらにお金を借りれるのは、投資のスケールを大きくすることができます。

ここが一番のポイントだと思います。利率で考えてみましょう。

投資で大切なのが利率ですよね。で、その利率って何にかけられますか?

答えは、「投資額」です。これすなわち、もともと資金がないとあまり意味ないですよね。

けれど、この元手を最大限にできるのが、「不動産投資への銀行融資」なんです。

現金を少ししか持っていなくても、大きなお金で投資をできるのは最強なのではないでしょうか。

銀行が積極的に融資してくれないのであれば、私は不動産投資はしないでしょう。

 

不動産は主観的な価値をもつ

さらに不動産が面白いなあと思う理由があります。それは、「不動産の価値は極めて主観的に判断される」ということ。
金融商品として、株取引や為替の価値は客観的に評価されます。

 

しかし、不動産は1つ1つがこの世に1つしかないものであり、その周辺の環境や持ち主の状況などによって価値が左右されるのです。これって、うまく買えれば、すごい儲けるチャンスになりますよね。

 

例えば、早く物件を売って現金化したい人から安く買うことができそうじゃないですか?

市場価値よりもずっと安く。さらに、交渉によって値段を下げてもらうこともできるんです。

これは、他の金融商品にはない不動産投資だからこその魅力なのかなと思います。

 

価値を上げる工夫ができる

さらにもう一つ。不動産投資にしかない長所があります。それは、「自分で工夫することで価値を上げられる」です。

例えば、古くて汚い中古物件を買い、外観だけリフォームする。それだけで、リフォームの費用を超える価値を作れるかもしれないんです。また、インターホンのモニターを自分で設置するだけで、賃料を上げられるかもしれない。
賃料が上がれば、そのモニターを設置する投資額を超える利益を得られるかもしれない。

 

このように自分の工夫次第で収入を増やすことができるのも面白いと思います。

ここで不動産投資の良いところをまとめておきます。

  • 時間的な余裕
  • ローリスク
  • 銀行融資
  • 主観的な価値
  • 価値を上げられる

次章予告

ついにセミリタイアするためにすべきことが見えたのか?ろかたん!
これから、やるべきことはなんなんだ!?

次回、ついにブログに出会っちゃう!?

第6章「ろかたんブログ爆誕」

 

前回記事はこちら↓

第4章「株式投資はセミリタイアに向いているのか」0から年500万円の不労所得を稼ぎ出す「ろかたんセミリタイアストーリー」

 

また、LINE@をやっておりますので、個人的な相談がありましたら徹底的に乗ります。
友だち追加

スポンサーリンク



 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA