> 66章「目的意識。手段と目的を見誤ること」 – ろかたんブログ

66章「目的意識。手段と目的を見誤ること」

未分類

あらすじ

今までのストーリーはこちら
ろかたんセミリタイアストーリーまとめ

1件1件、目的意識。手段と目的を見誤ること

今回の記事は、仕事に関することです。

最近思い悩んでいた、

仕事に対する気持ちの持ちようについての

新たな気づきがあったので、ここに記す。

 

今の私は、、

現状、私は毎日。

ノルマである、訪問の件数や電話の架電数、時間など

目標(ノルマ)として定められている指標に関してはクリアできている。

 

だけれども、課題と感じていることがある。

それは、「売る意識が薄れていること」である。

訪問件数などのノルマを達成するためにはどうすればいいか?

それだけを毎日考えている。

 

これすなわち、「売る意識」には繋がっていないのだ。

どうゆう先に行ったら売れるのか。

どうゆうPRをすれば売れるのか。

そこに思考がいっていない。

 

トップセールスとの違い

私の会社で働く人で、

他の人とは桁違いに売上をあげる営業マンがいる。

その人の行動と私の行動を比べて見た時、

圧倒的に違うと感じる部分があった。

 

それは「売る意識」なのだ。

トップセールスの行動は、全てが「売るためにはどうすればいいか」から

派生された行動なのである。

 

それに比べ、私の行動は

ノルマである指標を達成するためにはどうすればいいか?

という考えのもとに行動がなされている。

 

もちろん、売ることが全く意識にはないことはない。

しかし、薄いのだ。

売ることに対する目的意識が薄いのだ。

 

これからは。

これから私が意識することは、一つ。

「売るためにはどうすればいいか」を常に考えながら、行動することである。

 

1件1件の訪問や、電話。

それらをただ、ノルマを達成するためにと考えるのではない。

「売る」ためにかけるのだ。

 

この最上位となる目的は何なのか?

それは重要だが、簡単に見失ってしまうものなのかもしれない。

人生の目標に関しても、頻繁に確認する機会を与え、

手段が目的とならないよう、心がけたいものだ。

 

 

 

また、LINE@をやっております。応援メッセージ待ってます。
友だち追加

ご案内

セミリタイア全般にオススメの書籍まとめ

不動産投資にオススメの書籍まとめ

オススメ記事

ろかたんセミリタイアストーリーまとめ 

1から学べる不動産投資ストーリーまとめ 

1日5分ください。脳の筋トレをして、スーパーマンになる方法。

 

関連記事一覧

  1. deds

    なぜ会社は契約件数をノルマにしないのだろうか?
    達成できなさ過ぎてゼロの奴ばかりになるからか?

    • rokatan

      コメントありがとうございます。
      すみません、語弊を生む書き方でしたね、
      もちろん、件数(売上)にもノルマはありますよ!

CAPTCHA