> 不動産part1 「2つの利益。キャピタルゲインとインカムゲイン」 – ろかたんブログ

不動産part1 「2つの利益。キャピタルゲインとインカムゲイン」

不動産

記念すべき、ろかたん不動産ストーリーの第一話です。

 

今回の記事では、最も基礎的な「不動産投資で儲ける仕組み」についてです。

不動産投資って一体どうやって儲けを得るんですかね。それは2種類の収入です。

そして、どうやって稼ぐべきなのかを簡単にご紹介します。

不動産の利益は大きく分けて2つ。

不動産投資では、2種類の儲けがあると言われています。

それはキャピタルゲインとインカムゲインです。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは何か。それは「買値と売値の差額での儲け」です。

例えば、他の金融商品と比べるのであれば「株」がイメージしやすいかと思います。

株取引をしている人で、最も関心があるのは株価であると思います。株価が上がると喜ぶ人がいます。

それは、何故なのでしょうか。

 

株価が上がることによって、その価格で売れば利益が出るからです。

100円の株を買って、1ヶ月後に200円で売れたとします。

とすると、買値と売値の差額分儲かるわけですね。

 

インカムゲイン

インカムゲインとは、なんなのでしょうか。不動産投資では、お家を買い、その家を他人に貸します。

借りた人は、家の持ち主であるあなたに毎月一定額払わなければなりませんよね。その家賃をあなたは毎月継続してもらえますよね。その収入をインカムゲインと言うのです。

身の回りのインカムゲインは他に何がありますかね。株だったら、配当ですかね。

 

たくさん儲けるためには?

先ほど、不動産投資の儲けには2種類あると説明しました。なので、たくさん儲けを出すにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。この記事では、基本的な理屈だけを説明するのでより詳しい説明は他記事で詳しく説明いたします。

よりキャピタルゲインを得るためには

キャピタルゲインとは、売値と買値の差分で儲けることでしたね。すなわち、この収入を最大化するためには、何を最小化して、何を最大化できれば良いのでしょうか。これは簡単ですね。買値を安く、売値を高くすればいいんです。

 

よりインカムゲインを得るためには

インカムゲインとは、なんでしたっけ。毎月入ってくる家賃収入のことですね。家賃をたくさん得るためにはどうすれば良いのでしょうか。1つ目として、たくさんの人に住んでもらえればいいですね。満室経営を目指しましょう。2つ目としては、家賃そのものをあげれば良いですね。家賃を上げるためには、その家賃を払ってもいいと思うような物件にすれば良いのです。

まとめ不動産投資には、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。
キャピタルとは、買値と売値の差での儲け。インカムゲインは、家賃収入のこと。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA